商品詳細つけまつげの取り扱いについて

今日はつけまつげの取り扱いについてです。 つけまつげは本当は使い捨てをするように出来ていますが、最近のつけまつげってとっても丈夫だし、凝った造りだから結構高い! そこで取り扱いについての情報を集めたという事なんです! 興味のある方は是非どうぞ!

つけまつげって一回使い切りだと思っている人なんていませんよね?そんな事したら勿体ないと思う人の方が断然多いはず!でも本当はつけまつげって一回使い切りで作られているんですよね。まぁ確かにノリで着けてメイクしたりして傷みますから、当然一回使い切りの方がいいのかもしれませんけども・・・。



本当なら当ショップでも使い切りにしていただいた方が商売繁盛で大変よろしいんですが、そんなお金なぁ~い!という方もいっぱいいるでしょう。そこで長持ちさせる事ができる方法についてを色々と探してみましょう。ちなみに無理の無い程度に長持ちさせる方法についてですよ!



つけまつげをつける時って大抵メイクをしていますから、問題なのはメイクのカラーがついてしまった時です。特にマスカラは色が濃いだけに落とすのが難しいと考えられています。ところが、クレンジングを含ませたコットンなどで優しくポンポンとするだけでも落ちてくれます。マスカラをつける時にはできるだけつけまつげに近い色にするのもいいかもです。



水で洗うのはあれですが、クレンジング剤などを洗う時には水やぬるま湯を使います。ただしちゃんとに乾燥させる事が重要です!ちなみに安ーいつけまつげだと同じ事をしても持ちが悪いそうですが、一般的な金額のつけまつげだとそれほど劣化が激しくないみたいです。かえってある程度の金額のつけまつげの方がいいという事になるのかもしれませんね。



一番の問題はグルーというつけまつげ専用のノリなんですが、ユーザーにとって強力なタイプはありがたいんですが、取る時大変なんですよね。これのおかげでつけまつげがびろーんなんて事もあるくらいです。これはぬるま湯につけたり綿棒などで取るといいですね。中にはセロテープで取るつわものもいるみたいです。Σ(゚Д゚;エーッ!



次に保像方法ですが、ピルケースみたいな小さめの瓶ありますよね。あれにぺたーっとつけるとカーブが崩れなくていいっていいますね。最近ではつけまつげ専用のケースもあるので、そういうのを用意しておくといいかもしれませんよ!当ショップでもいいクレンジングがあったらご紹介しますね!



関連記事

  1. つけまつげの種類
  2. つけまつげの取り扱いについて
  3. つけまつげの選び方
  4. つけまつげの自然なつけ方
  5. つけまつげの効果とは

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://littleme.info/mt/mt-tb.cgi/17

コメントする

TOPPAGE  TOP