商品詳細つけまつげの自然なつけ方

今回はつけまつげ情報シリーズの第3弾ですね。 つけまつげの自然な着け方についてのご報告です。 つけまつげって自然な感じに着けるのが難しいと思っていませんか? でもやってみると意外と簡単だったりするんです。

問題は、つけまつげを着けるのに慣れてしまえばイイという事! 画像が無いのが残念ですが(´;ω;`) できるだけわかりやすく説明してみました!

つけまつげを自然に見えるように着けるのは難しいと考えていませんか?特に大人の女性だと、今時の若い子じゃあるまいし!なんて思っているかもしれませんね。でもつけ方さえわかってしまえば意外と簡単で手放す事ができなくなるかもしれませんよ!そこで自然に見えるつけまつげのつけ方について勉強してみましょう。



つけまつげを自然に見えるように着けるには何も難しい事をしなくてもいいんです。気をつけるのはつけまつげを選ぶ時に、できるだけ自然なカラーや形や長さのものを選ぶのがコツと言えばコツかもしれません。最近ではブラウンとかグレーとかもあるのでいいですよ!もちろん当ショップでもご紹介していますのでチェックしてみてね!



さて、自然なつけ方ですが、まずお化粧はしっかりとした方がいいですね、アイライナーもしっかりとひいておいた方がいいでしょう。で、アイメイクやメイクをほぼ終わらせてからつけまつげをつけます。つけまつげは自分の目の長さに合わせてあらかじめカットしておきましょう。カットする時には眉毛をカットする小さなハサミだと使いやすいですよ!



つけまつげをパッケージから出したら、長さを自分に合わせてカットした後で少しだけまぶたのラインに馴染むようにちょっと曲げましょう。その方がのりがつきやすいんです。その後のりをまんべんなく着けます。(あまりつけすぎないようにね!)そしてピンセットなどでつまんで中央部分にぺたっとつけます。そしたら目尻→目頭の順にのりを定着させます。



しっかりとつくようにピンセットなどで押さえて剥がれないようにします。これでつけまつげはつきました。ナチュラル系のつけまつげを選ぶといいですよ!問題は次からです。ビューラーとかでつけまつげとまつげをなじませるんですが、ホットビューラーがあればその方がしっかりと自然に馴染むと思います。この段階ですでにアイメイクもできていますよね。



でも最後にのりつけしたところが馴染むように、もう一度アイライナーをひいて自然な感じにします。この時つかうアイライナーはリキッドタイプの方がいいですよ!つけまつげがとれにくいです。これが基本的なつけまつげのつけ方です!さぁ!今日からつけまつげにレッツトライです!



関連記事

  1. つけまつげの種類
  2. つけまつげの取り扱いについて
  3. つけまつげの選び方
  4. つけまつげの自然なつけ方
  5. つけまつげの効果とは

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://littleme.info/mt/mt-tb.cgi/12

コメントする

TOPPAGE  TOP